7/7




7月7日朝、磐田市内2ヶ所で街頭演説をさせていただきました。3日午前10時半ごろに発生した熱海市伊豆山の土砂崩れで被害に遭われた方々に哀悼の意とお見舞いを申し上げ、一層の防災対策の必要性を訴えました。

磐田市でも今から45年ほど前、七夕豪雨で甚大な被害が出ました。私が中学2年の時で、家の前を流れる久保川が氾濫し水が家に迫ってきた光景は今でもはっきり覚えています。川沿いの家はみな床上浸水でした。

3年前の死者263人を出した西日本豪雨も今の時期でした。また昨年の熊本県球磨川流域の氾濫も7月です。避難指示をしっかり理解して自ら行動することが重要です。

海の向こうでは大谷選手の活躍が私たちを元気にしてくれます。アメリカ人より日本人の方が試合観てる人多いのではないかくらいの注目度ですね。どの競技においてもスポーツが勇気と元気をくれることは間違いなく、東京2020オリパラの成功、卓球ミックスダブルス金メダル、ジュビロの躍進昇格を心から期待したいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示