9月11日




20年前の9月11日。アメリカニューヨーク午前8時46分、日本時間午後9時46分、アメリカン航空11便がワールドトレードセンター北棟に激突し、その17分後に南棟に激突しました。犠牲者2977人の大惨事となり、イラク、アフガニスタン戦争が始まった言われています。

 帰宅してTVのスイッチを入れた時は、何かの映画のシーンかと思いましたが、私と同じ感覚をお持ちの方も多かったのでは。この事件の13年前に、新婚旅行でニューヨークを訪れこのビルにも行きました。阪神淡路大震災、そして東日本大震災とともに記憶に残る衝撃映像でした。

 アメリカ軍が撤退して戦争終結となりましたが、アフガンの再建と世界の平和が訪れるのはまだまだ時間がかかるでしょう。犠牲となる一般市民や特に子どもたちを救うためにも世界が平和に向かってひとつになることができるといいのですけれど。オリパラが平和の祭典としての存在感をもっと示してほしいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示