駿河湾フェリー


昨日はとても良い天気で、きっと富士山綺麗だろうと駿河湾フェリーの停泊している清水港の滝波理事長に会いに行きました。案の定素晴らしい富士山が海の向こうにフェリーとともに見ることができました。

 駿河湾フェリーは私が委員長を務める文化観光委員会の担当で、駿河湾フェリーの航路は清水港から西伊豆土肥港をつなぐ県道223号線になりますが、伊豆縦貫道が延伸し、交通としての重要度が下がっていく中で、どちらかと言えば観光船なので、観光活用していただきたく、それによって経営健全化を図ってほしいと思っています。

 静岡県には、富士山をはじめ、駿河湾、伊豆半島、南アルプス、浜名湖など自然に恵まれた素晴らしい観光地があります。磐田市にも多くの観光名所がありますが、県も市もなかなか活かしきれていません。PR不足だけではなく、そこに物語がないからだと感じます。映画の舞台になったところに人は行きたがるのも、旅にストーリーを作り出すからではないかなと思います。

 大河ドラマで「鎌倉殿の13人」や「どうする家康」が来年から放映されます。コロナで旅行形態が変わる中で、観光地の付加価値を高めていくようなストーリーづくりなどの提言をしていきたいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示